スポンサーリンク

ストレスで肩、背中、肩甲骨が凝る

ストレス 肩こり 背中 頭痛

育児、仕事、勉強、介護などでストレスを感じている方は、肩こり、背中コリ、肩甲骨、頭痛などで困っていませんか?

もしかしたらストレスが原因でコリが出てるかもしれません。緊張や不安、ストレスが多いい人はとても凝りやすいです。

ストレスを感じると身体が守ろうとして血流を制限します。その時間が長いとコリとなって身体に現れます。できるだけストレスを解消し凝りを防ぎましょう。

 

 

女性の方が肩こりになりやすい

女性ホルモン ストレス 緊張 不安

女性ホルモンのバランスの影響で自律神経が乱れる

普段から「交感神経優位」の生活となっているため、血管・神経系に不調が出やすくなります。それが原因で肩凝りや頭痛など体調が悪くなる事があります。自律神経が乱れるだけで凝りになります。

 

筋力が弱いので肩こりになりやすい

男性に比べて女性の方が頭を支える筋肉が弱いから肩凝りになりやすいと考えられます。首が細く、なで肩の人が多いことがあげられます。この場合、首や肩の筋肉量が少ないため、肩こりになりやすいのではないかと考えられています。

 

女性は事務仕事が多い

パソコンなどのデスクワークで眼精疲労からも肩こりは起こります。目が疲れるということは、何かに没頭して取り組んでいたということになりますから、肩も凝りやすくなり、目も疲れてしまうのです。

 

 

ストレスが原因で病気

ストレスで緊張 凝り

ストレスが引き金になって病気になる可能性があると言われています。また病気ではなく症状が出たりします。

吐き気、片頭痛、胃痛、イライラ、不眠、などとても辛い症状です。この状態をそのままにしているともしかしたら病気になる可能性があります。

近年は自律神経失調症、蕁麻疹やアレルギーの発症、鬱病などになる人が多くいると言われています。


スポンサーリンク