スポンサーリンク

腰、お尻、足が痺れる!坐骨神経痛かも?

坐骨神経痛 治療

お尻から足先にかけてはしる人体のなかでもっとも太くて長い神経を坐骨神経と言います。その坐骨神経がなんらかの原因で痛みがある症状の事を坐骨神経痛と言います。

電気が走ったような痛みや、 ピリビリとしたしびれ、強く張っている感じ、などの症状が生じます。椎間板ヘルニアが原因などでの事もあるので整形外科などで診断してもらいましょう。

 

腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)

神経の通路である脊柱管をの変形により脊柱管が狭くなったために、神経組織が圧迫されて症状が出現する病気です。腰椎椎間板ヘルニアと同様に坐骨神経痛を起こす病気の一つでもあります。

 

 

 

腰椎椎間板(ようついついかんばん)ヘルニア

腰椎椎間板ヘルニアの典型的な症状は座骨神経痛です。椎間板ヘルニアとは、繊維輪に裂け目が生じそこから髄核が外に飛び出し神経を圧迫している状態をいいます。

 

 

坐骨神経痛の原因は?

ヘルニア 腰痛 脚のシビレ

腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、変形性腰椎症、これらの病気が原因で坐骨神経痛になる可能性があります。

年齢が若い場合は、腰椎椎間板ヘルニアが多く、高齢になると、脊柱管狭窄を原因になる事が多いい。

普段から正しい姿勢に気をつけて、凝りや痺れの症状が現れたら無理をせず安静にしましょう。

 

 

坐骨神経痛の施術方法

治療 治す 整体 矯正

整形外科など医師に相談する事をオススメします。それでも完治しない場合、症状を徐々に良くなる様に固まった筋肉をもみほぐしていきます。臀部、太もも表裏、脛、腰部に施術をおこないます。

できれば痛みが出る前に施術で予防する事が一番ですので、症状が少しでもあったら整体院、カイロプラクティックに行きましょう。


スポンサーリンク