スポンサーリンク

仙腸関節(せんちょうかんせつ)とは?

仙腸関節 腰痛の原因

骨盤の真ん中にある仙骨(せんこつ)と腸骨(ちょうこつ)の間にある関節です。

仙腸関節は3~5mmていどしか動きませんが日常生活の動きに対応できるよう、ビルの免震構造のように根元から脊椎のバランスをとっていると考えています。

中腰での作業や不用意な動作、あるいは繰り返しの負荷で関節に不適合が生じ、痛みが発生します。

 

 

仙腸関節症(せんちょうかんせつしょう)

仙腸関節症を治す 治療

10代~30代の若い女性に多く、レントゲンやMRIなどの画像診断で異常がないと診断されてしまいます。

女性の腰痛で85%が仙腸関節症(せんちょうかんせつしょう)と言われているほどです。

仙腸関節症候群は片側の腰とお尻の辺りが痛み、太ももや足にかけても痺れが走ることもあります。

お尻の筋肉(大殿筋、中殿筋)が凝っていませんか?お尻の筋肉が硬くなっている人は、骨盤、仙骨が無理な動きで歪む恐れがあります。

 

 

仙腸関節の歪みが原因で腰痛

腰痛 治療

腰痛の方は仙腸関節を意識して施術しています。

腰痛の方やギックリ腰の予防として、仙腸関節の動きが良くなるように施術をしています。

ただ整体やマッサージをするのではなく『仙腸関節の動き』を意識するだけで改善、予防できる確率が上がります。

仙腸関節を意識して施術する事で結果がでやすいからです。腰痛で悩んでいる方は一度仙腸関節の動きを疑ってみましょう。

 

 

仙腸関節、骨盤周りの筋肉をほぐす

とにかくお尻の筋肉をほぐしましょう。

仙腸関節は靭帯により強固に連結されていますので、仙腸関節周囲の筋や靭帯の緊張を取り、関節の動きを良くします。

お尻や腰の筋肉、筋膜、靭帯に施術してもらいましょう。

動きが悪い方は特に臀部の筋肉が硬くなっている人が多いです。 障害のある部位は痛みを感じ、健康な部位は痛くないため、ご本人も痛めている部位やその効果がとてもわかりやすいです。

回数を重ねることでこの痛みはなくなっていきます。


スポンサーリンク