スポンサーリンク

片頭痛 緊張型頭痛 慢性頭痛 群発頭痛

頭痛 治療

一言に頭痛と言ってもいろいろな種類や症状があります。肩こりや首こりが原因の頭痛や危険な病気の頭痛があります。日本人の4人に1人は頭痛もちとも言われています。頭痛がひどくなると何もやる気がおきなくなって日常生活さえ困難になってしまう事があります。

 

 

緊張性頭痛 (きんちょうせいずつう)

筋肉の収縮が持続して筋肉の循環障害が起こる頭痛。頭の周りを何かで締めつけられるような鈍い痛みが特徴です。頭全体が締めつけられるように痛く毎日起こり、肩こり、首コリなど筋肉が凝っている人がなりやすい頭痛です。精神的なストレスやデスクワークで血行が悪くなり首や頭の筋肉が緊張してしまうことで起こります。

 

 

片頭痛(へんずつう)

頭部の血管が拡張し、炎症を起こして痛みが数時間から3日ほど続き、吐き気を伴うこともあります。男性よりも女性に多くみ見られ、吐き気、光や音、臭いに敏感になるなどの頭痛以外の症状を伴うのが特徴です。片頭痛は、脈に合わせてズキンズキンとした痛みで、左右どちらかに起きることが多いが、頭の片側または両側が痛む事もあります。片頭痛は思春期頃から発症することが多く、現在の医学では完全に治すことはできません。

 

 

群発頭痛(ぐんぱつずつう)

頭痛の中で最も痛い症状です。男性に多く、ある期間に集中し、キリキリと突き刺すような激しい痛みに襲われます。あまりにも激痛のためじっとしていられないでしょう。目の後ろを通っている血管が拡がってしまい、炎症を起こすことが原因で目の奥が痛みます。群発頭痛では、アルコールが頭痛発作の引き金となるといわれています。


スポンサーリンク