スポンサーリンク

骨盤矯正は医学的根拠がない?!

骨盤矯正

物理的(交通事故など)に強い力が加われば歪む事はありますが、骨盤には医学的に歪むという概念がない

と言われています。左右非対称は人間であれば当然だとも言えます。

ですがこれだけ世の中が骨盤矯正の知名度があるのでしょうか?

それは骨盤矯正をしてから症状が良くなった、楽になったなどの声があるからです。もちろん効果がなかった人もいるでしょう。骨盤矯正をしたからゼッタイ改善する!とは限らないと思って施術を受けたほうがいいと思います。もちろん施術する人は全力で改善できるように一生懸命施術してくれます。そう考えると骨盤矯正はとても難しい施術なのかもしれません。

 

 

なんで骨盤が歪むの?

骨盤矯正 産後

妊娠、出産、デスクワークの姿勢や疲労などで骨盤が歪んでしまうことがあります。歪むと私たちの体にさまざまな悪影響を引き起こします。骨格や骨盤を矯正しないまま年齢を重ねると、全身の姿勢が悪くなり、肩こり・腰痛などの症状になる事があります。また血行が悪くなるためダイエットしにくいとも言われています。


スポンサーリンク


産後の骨盤矯正はいつから?

産後の骨盤矯正

骨盤矯正は産後2ヵ月後から始めて、10ヶ月までがもっとも大切な時期といわれています。お医者さんから子宮の戻りもいいし動いても大丈夫ですとの許可を戴いてから整体に行くのが良いでしょう。

産後の骨盤矯正には、出産時に開いた骨盤を正しく元の位置に戻す効果があります。産後の骨盤のじん帯はとても柔らかくなっていて矯正をして正しい位置に戻りやすい期間です。

産後10ヶ月を過ぎると骨盤はゆがんだ状態で安定してしまいますが、10ヶ月を過ぎても骨盤矯正ができないわけではないので一度整体を受けてみてはいかがでしょうか?

 

 

骨盤が歪むと肩こり、腰痛になる

骨盤矯正

骨盤は身体の土台となっている部分です。土台が歪むとさまざまな部位に負担が掛かってしまいます。左右に傾いた骨盤が原因で腰痛や肩こりになってしまう事があります。

症状は人それぞれですが、骨盤を調整することによって、肩こり、腰痛などが改善される可能性はあるかもしれません。

 

 

ストレッチで骨盤を調整

骨盤が歪む 治療、解消、完治 痛み

固まってしまった股関節、臀部、太もも表裏などの筋肉をほぐして、ストレッチで伸ばし骨盤調整をしていきます。固まっている部位をそのままにしていまうと徐々に骨盤が歪んでいくと考えていますので、筋膜、筋肉をストレッチで正常に伸びるよう調整してもらいましょう。


スポンサーリンク